悪夢

また13日の金曜日がやってきました。今日は悪夢についてです。以前、ティラノサウルスに追いかけられる夢の話をしました。あれも悪夢ですが、実は、他に私がよく見る悪夢というものがあります。

私がよく見る悪夢は、なぜか学校関係が多いです。よほど学校が嫌いなのかもしれません。

例えば、学校に遅刻しそうになり、結局、学校をさぼってしまう夢をよく見ます。そして、その結果、どんどん勉強が遅れるし、出席日数が不足して、卒業ができなくなってしまうのです。

それも、ちょっと遅刻ではなく、目がさめたときには、すでに9時少し前で、もう最初から遅刻です。その後、だらだらしていて、気がつくと、すでに午後2時半ぐらいになっています。それで結局、学校に行かないという展開になるのです。

他には、何度試験を受けても、大学院の試験に合格しないという悪夢もよく見ます。これが、大学の入試ではなく、大学院の入試なんです。よほど、大学院の試験が嫌いなのかもしれません。

こういう悪夢は、無意識を形成する精神の深層部分と関係があるという仮説が心理学の世界ではあるのですが、何か、私の場合、すごく下らない深層心理しか持っていないみたいで、ちょっと恥ずかしいです。

関連ページ:
ティラノサウルスに追いかけられるという怖い夢