弁護士から内容証明郵便が届きました

一週間ぐらい前のこと、突然、弁護士から内容証明郵便が届きました。それによると、何やら契約を解除するので、「すでに納めた金額を返金せよ」とか、「お前はこういうことをやっているだろう。警察に突き出してやる。」という様な内容でした。

そんな内容の契約をした覚えはないし、警察に突き出されるようなことをした覚えもありません。

これは新手の詐欺でしょうか?

「そんな契約は知りません。そんなことはやっていません。」という返事を書いて、その弁護士に送っておきました。

これは、詐欺で、かつ、恐喝ですよね。

弁護士がこんなことをやるようになったとは、正義の味方を自称する弁護士も、いよいよ食い詰めてきたのかもしれませんね。

考えてみれば、いい商売です。弁護士なら、怖いので、払うとでも思ったのでしょう。実際、こういう詐欺や恐喝に遭うと、払ってしまう人がたくさんいそうです。しかし、これは完全に犯罪ですよね。

取りあえず、身元の証明と依頼人の証明をしてもらうことにしました。しかし、すぐに返事が来るかと思ったら、未だに返事が来ません。

それにしても、こういうひどい弁護士もいるようなので、気をつけないといけません。