インクジェットプリンターの詰め替え用補充インクの欠点

インクジェットプリンターのインクは高価ですね。私の使っている機種では、実売価格で1個3000円~4000円ぐらいします。あまり使っていなくても、1年ぐらいで使い切ってしまいますから、プリンター本体よりも高いです。しかも大した量の印刷ができるわけでもありません。もしもボールペンで書いたら、1本も使わないと思うので、ずいぶん割高ですね。

詰め替えインクとか補充インクと言われているものが売られていますが、インクがこれだけ高価だと当然ですね。私も今まで2本買った事があります。昨日は、プリンターのインク残量が少なくなっているという表示が出ていたので、その補充インクで補充することにしました。

初めてやったわけではないので、大体うまく行きました。しかし、それでも手がインクで少し汚れてしまいました。インクを補充したインクタンクをプリンターに取り付けて、動作チェックをしてきれいに印刷できることを確認しました。めでたし、めでたし。

ふと詰め替えインクの入っていたビニール製の瓶(びん)を見ると、中にまだほんの少し残っています。このまま置いておいても乾燥してなくなってしまうから、もったいないですね。そこで、この残ったインクも補充することにしました。

インクタンクの穴をこじ開けて、瓶(びん)にノズルをつけ、残ったインクをタンクに注入しようとしました。なかなかうまく行きません。ちょっと力をこめて瓶の腹を押して、残りを入れようとしましたが、穴から逆流し始めたのでやめました。何か無理して入れて、かえって損をしたかもしれないと思いながら、逆流した少量のインクを拭き取り、タンクを持ち上げました。

その時です。タンクのインクの出口から、インクがぼたぼた出てきました。あわててティッシュペーパーを敷いて、インクを吸わせました。しかし、インクが止まりません。結局、タンクの中のインクの3分の2ぐらいが出てしまいました。(^ ^;;;

大半のインクが出てしまっただけでなく、当然、手も机もインクでしっかり汚れました。机の方は、水拭きでは落ちない程度に汚れてしまったので、マイペットで拭き取りました。

どうしてこんなことになったのか考えましたが、恐らく、瓶の腹を押したとき、空気の逃げ道がなくてタンクの中のインクを押し出してしまったのではないかと思います。もしかしたら、空気を逃がすために、もう一個別に穴を開けておいた方が良かったかもしれません。

インクジェットプリンターのインクを補充するのは、こういう危険が伴います。たぶん、経験をもっと積むとうまくなるのかもしれませんが、個人で自分のプリンターのインクを補充する程度だとせいぜい年に1回か2回ぐらいなので、折角積んだ経験もすぐに忘れてしまうでしょう。

今回の様な失敗は別にしても、手を汚したりすることは避けがたいと思います。手袋をしていても、汚すことが多いです。そう言うところが、インクジェットプリンターの詰め替え用補充インクの欠点です。

それでもよい場合は、詰め替えインクを使う方が安上がりです。しかし、私が買ったものは、2回で使い終わってしまいましたけどね。純正のインクを格安で買うこともできるので、いったいいくらお金が節約できたのか微妙なところです。私は、今回のことですっかり懲りたので、これからは純正のインクを格安で買おうと思います。