医者は金持ちか貧乏か

親戚の家のお子さんに20歳ぐらいの女性がいます。詳しくは知りませんが、その家では、飲食店を経営していて、そこで娘さんも働いているようです。いわゆる看板娘ですね。

その店にいつもやってくる客がいて、それがお医者さんだということでした。

お母さんは・・・

「うちの娘が目当てで、やってくるんだと思う。」

・・・と言うのですが・・・。(^ ^;

「うちの娘と結婚させたい。」

そこまではいいのですが、そのあと、・・・

「どういう人か調べてほしいんだけど・・・。」

「はぁ???」

・・・と言う展開になりました。

何でも、年齢は40代半ばで、独身だということでした。

問題は、40代半ばなのに、医者がなぜ独身のままかと言うことのようでした。その理由を調べてほしいらしいのです。

「え???」

だって、私、私立探偵なんてやっていませんよ。

病院から尾行して、どういう生活をしているのか、誰か女がいないか等々、調べてほしいと言われました。そういうのは私立探偵を雇ってほしいですね。まあ、その金がないのでしょうけど・・・。

「医者が立ち寄りそうなところにコネがあるでしょう?」

「そんなものはありませんよ。」

私が行くところって、スーパーぐらいです。学生の時は、それに加えて、図書館と本屋という場所もありましたが、今では、スーパーだけです。きっぱり、スーパーだけです。

スーパーで尾行してどうするのでしょう?どういう食材を買うのか調べるのでしょうか?(笑)

と言うか、そもそも、顔も知らないし・・・。

しかし、なぜ医者が近くをちょろちょろしていると、そんなに興奮するのでしょうね。やはり金でしょうか?

ちなみに、「きん」ではなく、「かね」と読みます。

医者というと金持ちというイメージが強いですね。病院勤務だと、年収1500万円ぐらいが普通だと聞いたことがあります。独立開業医だと、それ以上になるとか。

しかし、これは本当でしょうか?

と言うのも、先日の内容証明事件で背後にいたのが医師だったからです。どうやら、契約とか言うのは、その医師との間の「契約」らしいのですが、身に覚えがない内容の契約でした。

なぜその医師が金をよこせと言ってきているのか調べたのですが、どうやら貧乏すぎてお金がないらしいのです。

医師はそこまで貧乏なのでしょうか?信じられない思いで、医師の勤務先の病院を調べ、医師の給与を調べました。すると、年収が600万円程度だとわかりました。

年収600万円程度では私とつきあえません(笑)。

私との付き合いで半分ぐらい消えてしまうではありませんか?残り半分で、奥さんの他に、お子さん二人を養わないといけませんよね。しかも、車二台と住宅ローンがあります。

完全に貧乏ドクターです。

「変な騒ぎを起こして、誰が金など返すか!」

・・・と言うことで、貧乏ドクターには首を吊ってもらうことにしました。

まあ、きっとどこかのサラ金業者が金を貸してくれることでしょう。

政府の統計によると、医師の年収は、全国平均で1000万円ほどだそうです。1000万円よりも下には、こういう貧乏ドクターがいるからです。

ちなみに、この貧乏ドクターは、某三流私立大学医学部を卒業しています。そこで支払ったお金は、学費だけでも5000万円ほどです。きっとこれに加えて多額の寄付金も払っているに違いありません。その金額は、2000万円ぐらいなのか、あるいは3000万円以上なのかわかりません。これぐらい多額のお金を使って医者になって、わずか年収600万円ともなると、果たして元が取れたかどうか怪しいですね。

確かに医者の中には金持ちもいますが、数百万円程度の年収しかない貧乏ドクターもいるということです。こんなに貧乏な医者とだったら、別に結婚しなくてもいいのではないでしょうか?一流企業のサラリーマンなら、もっとましな年収が得られます。

それに1000万円程度の年収でよければ、一流企業のサラリーマンと結婚しなくても、いろいろな職業で、自力で稼ぐこともできます。私なんか、学生時代に月収700万円以上だったこともあります。年収一億円。

学生最強。

関連ページ:
私立の医学部に行くと、寄付金が1000万て本当ですか?
貧乏医者の夫を持つ妻の会