自家用の潜水艦に乗る夢

今日の朝、目が覚めると・・・

「潜水艦に乗らなくては・・・」

・・・となぜかふと思いました。

潜水艦には、新瑞橋の駅を降りたところにある発着場で、受付に言って、乗るのですが・・・。

「あれ、そんなのあったかな?」

・・・と思いつつも、しかし・・・

「しばらく潜水艦に乗っていないので、そろそろ乗らなくては、潜水艦も壊れてしまうかもしれないし、バッテリーも切れるかもしれない。」

・・・などと思って、しばらく考えました。

潜水艦
潜水艦にならなくてはと思ったのですが、それはこんな潜水艦でした。

「私、自家用の潜水艦なんて持っていたっけ?」

「潜水艦って高いよね。いくらだっけ?」

そう考えると、潜水艦に乗るのは何かあり得ない話にも思えますが、なぜか心の奥底には、母親と潜水艦に乗った記憶が焼き付いています。

「そもそも、潜水艦を操縦するには免許がいるのでは?」

最近の懐の状態からして、潜水艦を買ったりできるはずないし、潜水艦の免許を取った覚えもありません。

それに新瑞橋の近くに海はありません。川から行くのかな?でも、あそこは浅くて、ボートがやっと浮かぶぐらいだと思うし・・・。

じっくり考えると、いつのことかは不明ですが、どうやら潜水艦に乗る夢をどこかで見たようで、それを思い出しながら目を覚ましたようです。

潜水艦。一度は乗ってみたいものですが、値段を調べると、500億円とか。

自家用の潜水艇でも1000万円から1億7千万円ぐらいするらしいです。大金持ち以外には無理な値段です。免許は一級小型船舶操縦士が必要なようです。

軍用の潜水艦は、免許はいりませんが、自衛隊に入隊しないと、操縦できないようです。

とんでもなくあり得ない夢を見たものです(笑)。