裁判をやる人は馬鹿

某弁護士の息子によると、「裁判をやるような馬鹿がいるから、弁護士がもうかる」そうです。

今回のとんでもない事件は、元々、会社が支払う予定だった150万円ほどのお金を300万円まで上積みさせるために、契約者ではない人が起こした裁判でした。

そして変な因縁をつけて、脅してお金を取ろうとしたわけです。貧乏ドクター本人がやればいいのに、第三者がやるというのは、もはや本当に恐喝です。本人が出てこないのは、たぶん、恐喝と言うことになったら、貧乏ドクターが、医師免許を失って、貧乏プータローになってしまうからではないでしょうか。

契約書はどこかにやってしまったのだそうです。へぇ~(笑)。

しかし、この裁判を起こすのに、恐らく、30万円から50万円は使っているでしょう。うまくお金が取れたとしても、成功報酬で50万円から70万円を払い、合計で100万円ぐらいになると思います。

他に会社の資産を差し押さえたりもしていますので、そちらで30万円ぐらいかかっています。

すると、うまく300万円取れたとしても、弁護士費用で130万円となり、差し引き、170万円のお金を取れただけのことになります。

元々、そのままでも150万円もらえるのだから、20万円余計に取れただけと言うことになるでしょう。まあ、300万円まるまるということにはなりませんから、どう考えても利益にはならないと思います。

これでお金がもらえるのが何か月も先ということになるわけなので、何にも得になりませんよね。馬鹿しかこういうことは、やりません。

「訴訟費用は被告の負担とする」決定を求めていますが、訴訟費用というのは、訴訟を起こす際に収めた収入印紙代と郵便を送るのに使った切手代だけです。わずかな金額です。弁護士費用は、訴訟費用には含まれず、勝とうが負けようが、弁護士を雇った人が払うことになります。

やはり、馬鹿でしょう?