WordPressは難しい

昨日ちょっとWordPressに挑戦してみました。しかし、WordPressはなかなか難しく、取りあえず、一時中断しました。別名、挫折とも言います。(^ ^;;;

まず、最初の関門は、WordPressにするかどうかという点です。似たようなものにMovable Typeと言うのがあり、こちらの方が有名です。少なくとも私はそう思っていました。しかし、海外のサーバーではWordPressが圧倒的にシェアが高いのです。と言うか、Movable Typeの話なんて聞きません。

どうなっているのか調べてみたのですが、Movable Typeの人気が激減したため、WordPressが主流になっているということでした。こういうのは主流を選ぶのが正解なので、WordPressに決定しましたが、この時点でかなり疲れました。

次にどのパッケージを選ぶかと言う問題が出てきましたが、これは日本語版で解決・・・に見えてそうでもありません。インストールの問題が絡むからです。

日本のサーバーを使うのなら、日本語版で決まりですが、海外のサーバーを使う予定なので、話がややこしくなります。日本のサーバーを使えばいいのではないかと思う方もいるかもしれませんが、日本のサーバーというのは、一応、安いものは安いのですが、機能面が全然だめなので、私は次第に使わなくなっているのです。やはり競争があまりないですから、怠慢なのでしょう。

日本のレンタル・サーバーは、サポートの対応が遅いのも問題ですが、バックアップがろくに取られていないのが最大の問題です。ブログを運営するとなると、ブラウザーからサーバーに入力する動的なコンテンツとなりますから、ローカルにバックアップがありません。頻繁にバックアップを取って、過去にさかのぼって復元できるサーバーなんて日本にはほとんどありません。あったとしても、高価すぎて手が出ません。海外のサーバーなら、一週間分のバックアップが標準ですから、いくらでも選択肢があります。

WordPressは人気が高いスクリプトなので、サーバーによっては簡単自動インストールのプログラムがついているものもあります。問題はそこです。英語圏のサーバーだと、当然、英語版のWordPressになるわけです。日本語版をインストールするとなると、手動インストールでやることになります。しかし、やはりインストールするとなると、日本語版しかないでしょうね。そうなると、全部手動でインストールということに・・・。

まあ、いいか!5分でできると言うし・・・。

そう思ったのですが、まず最初はデータベースの作成からだそうで、それにはMySQLに新しいデータベースを追加しなくてはいけません。どうやるんでしょうか?

cPanelのMySQL Database Wizardと言うボタンをクリックして、進めばいいらしいのですが、もうこの時点で私の弱い頭は、疲労の極限に達し始めました。(^ ^;;;

データベース名とユーザー名をどうしたらいいのかかなり悩みましたが、取りあえず実験と言うことで、適当に決めて、データベースは作れました。その代わり、もう頭の方が持たない・・・。

その後の説明が余計にわかりにくいので、もうだめ。次は何をしたらいいのでしょうか?何となく、WordPressの設定ファイルに情報を書き込むというのが次のステップのような気が・・・。

その際に、wp-config-sample.phpと言うファイルの名前をwp-config.phpに変えるということらしいのですが、何でこんな面倒なことをするのかわけがわかりません。最初からwp-config.phpにしておけばいいのに・・・。

それでwp-config.phpを開けてみたのですが、全く意味不明です。どこを変えろと言うのかと思って、よ~く見ると、何となくどこを変えるのか分かった様な気がしました。

こういう説明はPHPのプログラマーが書いているにちがいありません。どう考えても、素人にやさしい説明になっていません。素人に説明するときは、「何行目の『○○○』というところを『△△△』に変えてください。」と説明しないと分からないって。

・・・と言っても聞こえないでしょうね。

幸運にも、私はPerlやPHPのスクリプトには、少し慣れているので、たぶんここだろうと予想がつきましたが、完全な素人では、この辺でお手上げでしょう。

しかし、私の頭もこの辺で完全に疲れてしまって、もう先に進む気力がなくなってしまいました。また暇なときに続きをやってみようかな・・・。

どうしようかと迷っている人に一言。もしあまりプログラミングやインターネットの技術的な面に詳しくないのなら、普通に考えて、無料ブログサービスを利用する方が断然楽でいいです。

関連ページ:
WordPress のインストール